フォーマット

エントリーデッキルール
第一回グランドチャンピオン大会とワールドワーロック杯でのみ採用されたルール。
大会で使用する魔法書を1つだけ登録し、其れ以外を使用出来ない。
フリーデッキルール
所謂対戦毎に何を使っても良いというルール。
最近の大会のルールは基本的にこれ。mtgに習うならスタンダード(標準的)ルールとも言える。
レア2
レア2以下(作成、試験、NPCとの交換によって手に入れられるカード群)で作成したデッキを用いるルール。
フリーデッキルールに比べ資産による差が少ない為、構築やプレイングによる差がより謙虚に出る。
此のルールだからこそ日の目を浴びるカードも多い。
ハイランダー
同一のカードを複数枚採用しては成らないというルール。
色んなカードゲームで良く見かける構築ルールの一つ。
40アセンブリ
トサカップ2で使ったルール。
参加者は使用したい40種類のカードを記した申請書を提出し、其のカード群だけでデッキを組み、其れを用いて対戦する。
申請書に記された40種類のカードは公開されている為、相手のデッキを予想する必要性があった。